1. ホーム
  2. 水虫の治療
  3. ≫生活環境を整えて水虫完治

生活環境を整えて水虫完治

清潔な足

水虫の完治を目指す中で、私たちがするべきなのは生活環境の改善だといわれています。

水虫を治すのが難しいと言われている病気ですが、根気よく治療すれば必ず治りますよ!

治療と同時に清潔を保持する

水虫治療で大切なことは、薬による治療はもちろんですが、

自分の置かれている生活環境を変えなければいけない

という点です。

薬でいくら治そうとしても、普段の生活を変えなければどんなに頑張っても効果が出ないもの。

薬と生活環境の改善の両側から、きちんとした処置をしないと、水虫はいつまでたっても完治しません。いつまでも患者の肌の下に寄生したままになってしまうでしょう。

白癬菌を殺すために重要なのは、薬だけではありません。足をきれいに保つことも重要なのです。

つまり清潔にしておくことが何より大切なのです。

そして、できれば乾燥させておくことも心掛けたいところです。

この2つの条件が守れれば、水虫の治療もより効果的なものになるでしょう。

最も重要なことは水虫の患部を清潔に保つことです。

足、特に足の裏は汗をかきやすいわりにそれをこまめに拭くことができないような部位だと言われています。

足の裏は床や地面と常に接触しているため、汚くなりやすいという事実もあります。

管理人

当たり前ですが、足の裏や足の指の間は、私たちが考えている以上に雑菌に支配されているのです。

汚れやすい足をきれいに洗う

水虫対策として、汚れやすい足をきれいに洗うことが大切ですが、これを怠ってしまうために白癬菌に侵される環境を作っているといえます。

毎日続けられるように、その対策法も帰宅した時や汗をかいた時などに石鹸やボディーソープで洗うだけという、手軽なもので構わないのです。

  • 水やぬるま湯を足に流しかけながら、皮膚の表面についた汚れを洗う
  • 足の指の間などを石鹸やボディーソープをつけて洗う
この2つのことを守れば良いでしょう。

殺菌効果の強いせっけんなどは、逆に患部の皮膚を痛めることがあるので、必要ありません。

患部が気になる人は、軽石やあかすりなどでゴシゴシこすった方がいいのではと考える人もいるようですが、そこまですると肌が傷んでしまう可能性が非常に強くなります。

そして、足を洗った後はすぐに水分を拭き取っておくことも大切です。

また、足を洗った後にすぐ靴下を履くだけではなく、素足のまま乾燥させることも大切なことだと言われています。

指の間は乾きにくいでしょうから、足の指を広げるようにして乾かしておくことも大切です。

管理人

本人は万全に施したつもりでも、何もしないでそのまま放っておくと逆に乾燥しすぎてしまうこともあります。

保湿クリームなどを塗りつけておくと万全なケアができるのでお奨めです。