1. ホーム
  2. 水虫の治療
  3. ≫ペットからの水虫の感染に注意

ペットからの水虫の感染に注意

犬

現在、犬や猫などのペットを飼う家庭が当たり前となりました。

ペットとの過ごし方として、室内で飼われている人も多いのではないでしょうか?

ですが、白癬菌とペットそして人間と、互いの関係性は少なからずあるのです。

ペットから人間へ感染する白癬菌

犬

動物をかわいがることは悪いことではありませんが、その接し方によっては動物に寄生する白癬菌が買い主である人間に感染してしまうことがあります。

犬や猫が白癬にかかるようなケースは、決してよくあるものではなく、極々稀なケースですから、心配いらないという人もいます。

ですがその一方で、もし犬や猫に白癬菌が寄生していた場合には、人間に感染する可能性は非常に高いものになります。

日常的にペットを散歩させたり、抱っこしたりしている人は、感染する危険性が高い立場にあることを理解しておきましょう。

たまに、家畜を飼われている仕事の方が牛や馬から白癬菌に感染することもあるようです。

ペットからの白癬菌感染を防ぐには

ペットから人間に白癬菌が感染するという事例はあります。

そのようなことから、

どうしたらペットからの白癬菌に感染せずに済むのか?

このテーマを考えてみましょう。

普段からペットの様子をよく観察して、健康状態について注意しておくことが大切です。

  • ペットの肌が痒そうにしていないか?
  • 赤みがかっていないか?
  • 変な発疹ができていないか?
  • 皮膚がポロポロと剥がれ落ちてフケのような状態になってないか?
  • 毛がいつも以上に抜けていないか?

このような症状ををすぐに発見でき、獣医に連れていくことができるでしょう。

万が一白癬菌の感染ではないとしても、他の皮膚病に罹っている可能性があります。

皮膚病は、人間同様ペットにとっても非常につらいもの。このような症状が現れたら、なるべく早く獣医の診断を受けて薬をもらうことが大切です。

管理人

また、ペットの手入れもきちんとしてあげることも大切です。

ブラッシングはもちろんのこと、シャンプーなども定期的にしてあげることにより、トラブルの早期発見につながります。

白癬菌に感染したペットについては、非常に扱いが難しくなります。

一緒に寝たりするのは、普段の慣習だったとしても絶対にやめましょう。

また、抱きかかえたり頬ずりをしたり、顔を舐めさせたりするのも避けたほうがいいでしょう。

スキンシップを重ねれば重ねるだけ、白癬菌に感染する確率も上がります

特にアレルギーを持っている方や、皮膚が弱い方などはペットとの触れ合いにも注意が必要です。

ペットと寝るなどしては駄目なの?

気持ちは分かりますがあまりベタベタしてしまうと、白癬菌が感染することになってしまいます。

その代わり、白癬菌が退治できて皮膚病か完治したという暁には、思い切りかわいがってそれまでのストレスを発散させてあげることも、ペットケアとしては大切になってくるのかもしれません。