1. ホーム
  2. 水虫の治療
  3. ≫気をつけたい!感染経路はあらゆるところにある

気をつけたい!感染経路はあらゆるところにある

部屋

共有することで水虫が感染するなら、そうならないように防止策を立てることが大切ですよね。

どのような場所で感染率が高くなるのかをまとめてみました。

感染しやすい場を利用する時は、自己防衛をすることを心掛けましょう!

スポンサーリンク

足裏で使用するアイテムは家族間で共有しない

自分の靴を清潔に保つようにしていても、気をつけたいのは家族の間での感染や、公共の施設での感染です。

スリッパ

玄関や浴室のマットやスリッパ、カーペットなどには、足の裏の白癬が非常に付着しやすい場所です。

足白癬にかかってしまった人の角質が剥がれ落ちてしまい、履き物やマットなどに付着してしまうことがあるからです。

そのような感染経路で水虫は、比較的すぐ拡大していきます。

よっぽど普段から足の裏をきれいにしていて、清潔で張りのある肌をしている人は水虫にはやや感染しにくいかもしれませんが、どんなに気をつけていても感染する可能性はあります。

絶対的な感染防止はない―――。それを考えると、家族間でもスリッパなどは共有せず、各個人で使うことが大切です。

管理人

この時に爪先が出ているデザインを選んだり、洗うことができる素材を選ぶとより効果的です。

また、公共施設や医療機関、旅行先などに出かけた時にスリッパを共有することもあるかと思います。

このような使いまわしのスリッパは、家族間で履きまわすより危険だとされています。

靴下を履いたり、こまめに足を洗ったりして対策を考えておきましょう。

なかでも素足で履くことが多い温泉施設や旅館などのスリッパ、履き物は注意が必要です。

特に温泉などは湿った足のまま履く人が多いですから、白癬菌が繁殖していることもあります。

しかしながら、最近では旅行用の携帯スリッパも販売されていますので、このようなものを購入して持参すると便利です。

管理人

丸洗いもできますし、軽いので持ち歩きも簡単だそうです。

高価なものではありませんので、水虫患者の方や水虫の感染が心配な方はひとつ、もしくは家族分は持っていてもいいかもしれません。

不特定多数の人が利用する場所は危険

そして、多くの人が出入りする施設で、さらに気をつけたいのはプールやサウナのような湿気が多い施設です。

サウナ

不特定多数の人間が素足で歩きまわるようなところは、水虫のもとになる白癬菌が付着しているものです。

あまりイメージにないとしている人もいるかもしれませんが、プールサイドなどは非常に危険といわれています。

不特定多数が裸足で歩く上に、プールにおかれた足を拭くためのマットも、剥がれた角質が付着しやすく湿気がたっぷりあることから感染しやすくなるからです。

さらに、スポーツジムや旅館もそうですが、飲食店のお座敷の畳なども要注意です。

素足で歩かなければならないところは、あとで念入りに洗浄することが望ましいでしょう。

もしそのような設備がないところでも、帰宅してから洗うだけでだいぶ違います。

ですが、ボウリングやスケートのような貸靴を借りないと遊べないような場所においては、靴という形状ゆえに水虫が繁殖している可能性も非常に高いものです。

そんな時には、靴下を履いておくだけでだいぶ状況は変わります。

スポンサーリンク