1. ホーム
  2. 水虫の治療
  3. ≫外用消炎剤で痒みを軽減

外用消炎剤で痒みを軽減

かゆい足

水虫といえば、足の裏をバリバリと掻きむしりたくなるような痒さを経験しているような患者は多いかと思います。

患者の中には、こればっかりは体験した人にしか分からないような、地獄のようなかゆさだと表現した人もいるようです。

ここでは炎症を抑える外用薬について触れてみましょう。

スポンサーリンク

外用消炎剤

水虫の薬として、外用消炎剤という薬が使用されることがあります。

この薬を使うと、肌の不自然な赤みがひいたり、かゆみが収まったりすることがあります。

かゆみがおさまるだけでもホッとしますが、赤みがひくので、普通の足の裏に戻ったという錯覚に陥ることもあります。

ですが、この外用消炎剤は白癬菌を殺すための役割は担っていません

消炎剤を使用してかゆみや炎症がおさまったとしても、白癬菌が消えてなくなったのではないのです。

管理人

外用消炎剤は抗真菌剤と併用して、根気よく治療を続けていくことが大切だとされています。

かゆみのストレス

消炎剤を使ったことで後に白癬菌が大繁殖してしまい、大ダメージを受けてしまう事態も実は考えられます。

症状がいったん収まり、肌がきれいになったような気がしても、白癬菌が皮膚の中に潜伏して繁殖している可能性もあるのだそうです。

アトピー性皮膚炎など皮膚病の治療薬としても使用されている副腎皮質ステロイドという薬がありますが、かゆいからという理由だけで水虫の患部に処方されていないステロイドを塗り込んではいけません。

何故なら、この物質はカビの大好物だからです。

みすみすエサを与えるような行為に出てしまうと、白癬菌も元気を取り戻して繁殖していきかねません。適切な検査を受けてから薬を塗るということが基本です。

スポンサーリンク