1. ホーム
  2. 水虫の治療
  3. ≫白癬菌の治療に使われる薬

白癬菌の治療に使われる薬

水虫の男性

水虫にはさまざまなタイプの治療薬が存在します。

もし水虫になったといっても、どの薬でも適応するわけではありません。症状によって使い分ける必要があるのです。

実際、どのようなタイプの薬があるのかを探っていきましょう。

水虫の治療に使われる消炎剤

水虫の原因となるのは、白癬菌と呼ばれるカビの一種です。

この白癬症の治療には、カビに効果的だと言われる抗真菌剤が使用されることが多いようです。

ですが抗真菌剤も、症状によって患部につけるものが変わっていきます。

さまざまな種類の薬が開発されていますが、勝手に自分の症状を判断して選ぶのは大変危険です。

抗真菌剤ではあれば、どのような白癬菌にも効き目があるというものでもありません。

管理人

風邪薬にしても症状によって飲み分けますよね。

熱を下げたいのか?それとも咳や鼻水を止めたいのか?副作用で眠くなるような薬でもいいのか?

その症状や患者の目的によって、飲むものが変わってくるでしょう。

抗真菌剤以外にも、水虫には別の治療薬が出ることがあります。

  • 炎症を起こして赤く腫れてしまっているような場合には、消炎剤を用いることがあります。
  • 抗生物質が処方されることがあります。
この時に、別の病気を並行して治療しているような場合には医師に申告しておきましょう。

飲み合わせが悪いと、思いがけない副作用を招くことがあります。

水虫の治療に使われる塗り薬・内服薬

水虫の薬といえば、塗り薬をイメージしている人も多いのではないでしょうか?もちろん、そのようなイメージが間違っているとはいえません。

水虫でもクリーム状の薬や、ゲル状の薬などが多く使用されています。

ですが、塗り薬のような外用薬以外にも内服薬が処方されることもあります。

管理人

水虫で飲み薬が出てくるイメージはあまりないかもしれませんが、患部が大部分に渡り拡がっている場合や、治りにくい水虫のときには内服薬を用いることもあります。

たとえば角化型足白癬や、爪白癬などがその対象になります。

外用薬と言ってもさまざまな種類があります。

クリーム状になっているもの、液体を肌にしみ込ませるようなもの、その中間のゲル状になっているものもあります。

それぞれの薬によって効果が変わってくるので、医師は慎重に患者の症状や体質を診ながら、処方薬を決めます。

このように処方されても、患者が薬の使用方法を守らないと効果が出ないものですので、指示にはしっかりと従いましょう。

管理人

通院することも大切ですが、薬を自己判断で止めないようにするのも大切です。

スプレー式は直接患部に吹き付けない

ちなみに最近では、スプレータイプの対水虫薬も売られています。

水虫対策としてはもってこいともいえるタイプですが、これはどのように水虫に効果的なのでしょうか?

実は、これは患部に塗りつけたり吹きつけたりするものではありません。

革靴やハイヒールなどに吹き付けて、靴の中に白癬菌が繁殖しないようにするためのスプレーですから、間違っても足白癬に吹き付けないようにしましょう。

殺菌・抗菌効果だけでなく、消臭効果に優れているものも多いそうですから、水虫に悩んでいる人は1本持っていてもいいかもしれませんね。