1. ホーム
  2. 水虫の治療
  3. ≫水虫の精密検査

水虫の精密検査

培養法

水虫かどうかを調べるためには、医者に患部を見せて検査をして貰うことが重要です。

そうでないと、他の皮膚病なのか、それとも水虫なのかが判断がつかないことがあるからです。

より精密な検査『培養法』

足白癬に対して、以下のように人によってはさまざまな併発を起こしている場合があります。

  • 趾間型足白癬
  • 小水疱型足白癬
  • 角化型足白癬

また、水虫と他の皮膚病を併発している可能性も考えられます。そうなってくると、1回診ただけで診断を下すことはありません。

実際のところ、検査には代表的なものが2つあるのだそうです。

その1つが、カセイカリという物質に皮膚を浸して検査をする《カセイカリ検鏡法》。

そしてもう1つ、水虫であるかどうかを調べるための検査があります。

それが《培養法》と呼ばれる検査です。

培養という言葉からもわかるように、剥がした皮膚から菌を培養し、皮膚病の原因を探るような検査方法です。

管理人

細菌からくる感染症などを調べる時にもこの手法が用いられますが、水虫の原因を調べる手段としても使われます。

この手法を使って、足の裏からとった皮膚の中に含まれる原因の菌を培養していくと、カビがどんどんと育つことになります。

それを観察すると、その色や形、成長の仕方からカビの種類がわかるのだそうです。

そして育ったカビを利用して、どのような薬が効果的なのかも調べることができるといわれています。

培養法は、カセイカリ検鏡法より確実に原因菌の正体を突き止められると言われている、非常に有効な検査方法です。

培養法の短所

ですが、培養法には短所があります。

それは、時間がかかるということです。

カセイカリ検鏡法は、ほんの少しの時間があれば検査が終わるのだそうです。

ですが培養法に関しては、カビの成長を待ち続けなければいけませんから、何週間か待つ必要が出てきます。

水虫の症状が酷い患者さんには、少しつらい待ち時間になるかもしれません。

管理人

カセイカリ検鏡法によって白癬菌に感染していると分かった後にも、処方された薬で効果が現われない場合など、培養法による検査が必要になるでしょう。

皮膚病は適切な処置が大切

もしかしたら、場合によっては他の皮膚病を併発している可能性もあります。

水虫をはじめとする病気は、一般的には治療が遅れれば遅れるほど完全治癒も遅れるといわれています。

そういった面からも、早期発見や慎重に原因を突き止めることが重要となります。

治療の方針を定めるためにも、この培養法による検査は意外と欠かせないものです。

水虫かと思ったら病院に行き、適切な検査をしましょう。水虫であるないに関わらず、皮膚病には治療が必須になるからです。


関連記事

顕微鏡
顕微鏡で診断する水虫