1. ホーム
  2. 水虫対策
  3. ≫水虫の嫌なニオイとさよならしよう!

水虫の嫌なニオイとさよならしよう!

臭い足

水虫になって嫌なニオイに悩まされてしまった…という経験はありませんか?

女性であればそんな嫌なニオイではどこへ行くのにも気が気じゃありませんよね。

そんな水虫の嫌なニオイから逃れるためにはどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

どうして嫌なニオイが出てしまうの?

足の間がジュクジュクしてしまうタイプの水虫は、臭いを伴うケースが多いといいます。

実際に臭うことから、水虫というと嫌悪感が沸くイメージがあるかと思いますが、実はその種類によっては臭いが無いタイプもあります。

管理人

同じ水虫なのにどうして水虫の種類によって臭いがあったり無かったりするのでしょうか?

水虫の菌である白癬菌自体に臭いはありません。また、足のエクリン腺から分泌される汗自体にも臭いはありません。

嫌な臭いは、白癬菌が増殖する条件のもとで発生します。

その条件とは、高温多湿であるという点。足の間などは汗をかくと密着しているので、嫌な臭いが発生しやすいのです。

靴下を履くことでさらに蒸れやすくなり、臭いが発生しやすくなります。

水虫の嫌なニオイってどんなニオイ?

水虫の嫌な臭いってどんなものなのでしょうか?

実際に嗅いだことがある人は分かるかと思いますが、一般的に納豆の臭いなどと表現する人が多いようです。

ですが、このように強烈に感じる臭い、それが自分から発生させているものであっても、気がつかない人がいるようです。

自分の身体の一部でニオイが発せられた場合、そのニオイに鈍感になってしまうというのが人間の脳の仕組みなのです。

管理人

他人の家の臭いは分かるのに、自分の家の臭いは感じられないのと似ていますね。

自分の足から嫌な臭いが発せられ、周囲から怪訝な目で見られているのに気が付いていないということが無いよう、もし水虫保有者となったら、十分に注意しないといけないですね。

このニオイ、どうしたらいい?

まず水虫の薬をすることは第1条件ですが、それだけでは臭いはとれません。

  • 毎日丁寧に優しく足を洗うこと(薬用の殺菌成分入りの石鹸だと良いです)
  • 白癬菌が繁殖しないように靴下をこまめに取り換える
  • 靴を毎日履きかえる
これらを守りましょう。

毎日の積み重ねも大切ですが、やはりすぐ臭いが消えてくれないと困りますよね。

そういったときには、重層で足湯をするのがお奨めです。

方法は、洗面器にお湯と重層(大さじ2~3杯)を入れて足湯をするだけでOK。

それだけで足のニオイがあっという間にとれてしまうので、急なお出かけなどで忙しいときにもいいですよね。是非トライしてみてください。

スポンサーリンク