1. ホーム
  2. 水虫対策
  3. ≫こっそり治したい女性へ。民間療法を試してみよう!

こっそり治したい女性へ。民間療法を試してみよう!

水虫の脚

「不潔にしていた訳ではないのに水虫になった」もしこれが女性でしたら、水虫になったという事実を誰にも誰にも知られずにこっそり治したいですよね。

そんな場合に昔から伝わる民間療法を1度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

万能選手のお酢を利用してみよう

水虫の民間療法で代表的なのがお酢での治療です。

認知度の高い民間療法ですので、実践したことがある水虫患者もいるかもしれません。

お酢には種類が色々とありますが、水虫には《木酢液》《竹酢液》が良いといわれています。

なぜ水虫の治療に酢なのかというと、酢に含まれている酢酸に殺菌や菌の成長を抑制させる働きがあるためです。

実際に論文でもこれらの酢が効果があると発表されています。

管理人

家庭に常備されていることが多い穀物酢を用う人も多いそうですよ。

希釈して使用する方法

木酢液と竹酢液の使用方法についてご説明します。

まずは希釈して使用する方法です。希釈して使用するのにもいくつか方法があります。

洗面器を利用した方法

40度前後のお湯に5~10倍に薄めた酢を洗面器一杯程度用意して、そこに足をつけて皮がふやけてくるまで待ちます。

その後足を出したらよく乾かして様子をみます。それを根気よく続けていく方法です。

ビニール袋を用いる方法

酢を薄めてビニール袋に入れ、それを履いて数時間過ごします。

スプレーをする方法

100円ショップなどで売っているスプレーボトルなどに希釈した酢を入れて、お風呂あがりなどに患部に吹きかけます。

原液のまま使用する方法

希釈して使用する以外に原液で使用する方法もあります。

洗面器を使用して原液につける方法

希釈したときよりも皮膚への刺激が強いため足をつけていても10分程度が目安となります。

皮膚の弱い方などは決して無理をせずに様子を見ながらしたほうがいいでしょう。

綿棒で塗る方法

水虫の範囲があまり広くない場合や足の指の間などなかなか届きにくい場所に利用すると良いです。


原液の場合も希釈して利用する場合もですが、実際に治ったという方もおられます。ですが、これはあくまで民間療法です。

  • 肌に異常が出た
  • もともと肌が弱い
  • かぶれてひどくなってしまった
民間療法は、自己責任のもとで行ってください。心配なようであれば皮膚科に行くことをお奨めします。

スポンサーリンク