1. ホーム
  2. 水虫の知識
  3. ≫女性は冬に油断大敵!季節による水虫の注意点

女性は冬に油断大敵!季節による水虫の注意点

秋冬の水虫対策

水虫は梅雨から夏のイメージがとても強いとは思いませんか?

しかし水虫は、その季節に増殖や感染がしやすいだけで、一年中はびこっているものなのです。

では、どのような場面で感染しやすいのかを季節ごとにみていきましょう。

スポンサーリンク

春から忘れてはならない水虫の感染場所

春は出会いの季節であるとともに、何か新しいことをしたくなる季節。

この機会に習い事をしようと考えて、ジムやヨガ、ダンス教室などに通い出したりする人は多いかと思います。

不特定多数が利用する施設などで靴を脱いだり素足になる機会があると思います。そうした場面で水虫による感染率は非常に高くなるのです。

もし素足になるのであれば、帰宅後に必ず足を念入りに洗いましょう。

管理人

冬の間に水虫になっていて完治したと思ったら、春にぶり返してしまったというケースも多々あります。

乾燥している冬の間に完治したと自己判断せずに、春に向けて引き続き予防または治療を続けましょう。

梅雨から夏は蒸れと素足に要注意

梅雨などの影響から湿気が多かったり、汗を大量にかいたりする夏は要注意の季節です。

コップ

足の裏は1日にコップ1杯分の汗をかくくらいに汗っかきな部位。大量にかいた汗を拭きとらずにそのままにしておくと、水虫の菌である白癬菌が増殖してしまいます。

汗をかいたと思ったら、足の指の間など密着しやすい部分はなるべく拭きとる努力をしましょう。さらに夏はアウトドアが楽しい季節です。

海やプールなどの多数の人が集まって素足になる場所に行く機会も増えるでしょう。

そんな楽しい思い出を水虫になってしまったという嫌な思い出にさせないためにも、毎日欠かさずに足のケアをして清潔に保ちましょう。

女性は秋から冬にかけて油断禁物

秋から冬は油断大敵です。

ブーツ

乾燥してくる季節だからそんなに水虫にもならないのではと考えてしまいがちですが、女性の場合はファッションの関係で水虫になりやすいのです。

秋は冬にかけてブーツを先取りして履いていたりしませんか?

管理人

夏から秋にかけては、日中はまだ暑かったりするもののブーツを履く女性も多いですよね。

この環境下では足が蒸れてしまい、水虫の餌食になるのです。

まだ暑い日がある秋には、他のアイテムなどでファッションを楽しむことも得策です。

冬には秋同様にブーツを履く機会も増えるかと思いますが、丈の長いブーツなどはより一層、通気性が悪くなるので注意しましょう。

さらに、すでに水虫にかかり治療をしている患者も、油断する季節なのが秋冬。

水虫は治ったように見えても、実際は菌がいる率は高いのです。

乾燥していることにより治ったと勘違いして治療を止めてしまうと、途端にぶり返すでしょう。根気よく治療することが重要です。

スポンサーリンク