1. ホーム
  2. 水虫の知識
  3. ≫あなたは大丈夫?女性の3人に1人が水虫に

あなたは大丈夫?女性の3人に1人が水虫に

水虫の女性

女性にとって水虫と聞くと、中年男性がなるイメージですよね。

しかし、男性に多いイメージかと思いきや、実は女性でも3人に1人が水虫かもしれないと悩んでいるというのです。

では、女性はどのような水虫になりやすいのでしょうか?

水虫になりやすい女性10項目

かつては男性に多いイメージだった水虫。ですが女性の社会進出とともに、女性の水虫になる方が増えてきました。

以下のような女性が、水虫になりやすい傾向があります。

  1. 毎日同じ靴や靴下を履いている
  2. 吸水性の悪いナイロン性のストッキングを履いている
  3. 爪が長い人
  4. 冬は丈の長いブーツをよく履く
  5. 足の指の間に隙間があまりない
  6. 糖尿病などの持病で免疫力が下がっている
  7. 家族に水虫がいる
  8. てきとうに足を洗っている
  9. 食生活が乱れていて脂分が多い
  10. 汗をかきやすい

当てはまる人は要注意です。

5~10は男女共に当てはまる人が多いといは思いますが、特に1~4は、女性が注意したい項目です。

女性に多い爪水虫

女性がなりやすい水虫の症状は、足に負担のかかるヒールを履いたりすることが多いためになってしまう爪水虫があります。

爪水虫は、爪に白癬菌が入り込んでしまい、爪が白く濁っていたり、形が変形していたり、ボロボロになっているのが特徴。

ボロボロになってしまった爪を隠そうとして、上からマニキュアを塗ったために状態が悪化したという女性患者もいます。

この爪水虫ですが、放っておくと痛みはないのに初期症状よりも爪が分厚くなったり、濁りが濃くなったりして感染していたのが一本の指だったのに、さらに他の指にまで感染してしまう恐れがあります。

女性に多いガサガサ踵の水虫

爪水虫のほかに女性に多い水虫は、かかとのカサカサが目立つ角質増殖型の水虫です。

この水虫はただの乾燥によるものなのかと勘違いする人が多いですが、実は水虫だった!ということがあります。

軽石

夏場にサンダルなどを履いて踵が見えるようになるので、踵のケアをお風呂場で軽石などを使ってこすってケアをして、毎日同じ靴を履いて…。

と、繰り返していると、いつの間にか感染しているかもしれません。

軽石は必要以上に皮膚を削ってしまうので、そこから白癬菌が侵入する確率が高くなります。

気にいってるからと毎日同じ靴を履くことによって、白癬菌が好きな環境である高温多湿を自分自身で作り上げてしまっているのです。