1. ホーム
  2. 水虫の知識
  3. ≫免疫力が弱まる妊娠中に水虫注意!

免疫力が弱まる妊娠中に水虫注意!

妊婦と水虫

水虫は免疫力が弱まっているときにかかりやすくなります。男性と違い、女性は妊娠期間がまさに免疫力が弱まりやすい期間。

もし水虫にかかったとしても、大切な我が子の誕生前には治しておきたいですよね。

妊娠期間中では、どのようにして治療をすれば良いのか?そこに焦点を当ててみましょう。

スポンサーリンク

妊娠中の水虫は胎児に影響がある?

妊娠中に水虫になってしまった場合、お腹の赤ちゃんへの影響は特にありません。

ですが、もし水虫が完治せずに出産した場合、水虫感染者である母親が白癬菌が付いた状態の手で赤ちゃんに触れてしまったら感染する恐れがあります。

そういった点から、妊娠中にかかってしまった場合は、必ず出産前に治すことが大切です。

赤ちゃん

完治したと思っても出産後の疲れで、まだ潜んでいた白癬菌が悪さをしかねません。

見た目には分からないからこそ、完治したと思って油断せずに、デリケートな赤ちゃんのためにも再発予防などの心掛けをしてください。

妊娠中だから薬は使えないの?

もし水虫になってしまった場合、薬を使用しないとなかなか治りません。

しかし、妊娠中であれば薬の利用に対して不安感を覚える女性も少なくないでしょう。

ですが、安心してください。医師の処方をきちんと守ることにより、安全に使うことができます。

外用薬であれば、塗った患部から吸収されますが、胎盤を通じて胎児へ移行する量は極めて微量です。使用しても胎児にはほとんど影響がないそうです。

外用薬は、妊娠中になりやすいカンジタと同じ(もしくは同じような)抗真菌剤が処方されます。

ですが、そのような薬であっても、妊婦への使用実例があまりないことから安全性を第一に考え、妊娠中期まで使用を控えるように促す医師もいるようです。

外用薬で爪水虫を撃退

爪水虫になってしまった場合、爪には塗り薬の成分は働きづらいといわれています。

そのため飲み薬で治療をすることが多いのですが、妊娠中は胎児への影響を考え服用はできません

また、出産後も母乳で育てる状況なら、それもまた飲み薬を服用できません。

このような点から、飲み薬より殺菌成分が弱く効き目が劣りますが、外用薬を地道に塗るという治療になるでしょう。

ですが医学の進歩とともに、水虫の新薬も研究を重ね開発されています。

爪へしっかりと薬の成分を染み込ませることができる外用薬もできたことから、飲み薬でなくとも完治できるようになってきました。

飲み薬が処方できない妊娠中の女性であっても、これで安心して手ごわい爪水虫を対処することができるますね。

スポンサーリンク