1. ホーム
  2. 水虫の知識
  3. ≫水虫で入院!?放置すると大変な水虫

水虫で入院!?放置すると大変な水虫

水虫で入院

今や水虫は治療したら良くなる病気ではありますが、水虫で入院してしまったということがあるのです。

そんな恐い面も持つ水虫は侮れませんね。ではどうして入院することになってしまうのか、原因を探っていきましょう。

スポンサーリンク

あなどれない水虫

水虫というと市販薬でも治せてしまう時代。ですので、もし水虫にかかったとしても、多少の余裕が生まれてるかもしれません。

「ちょっと炎症起こしたくらい…大丈夫!病院は行かなくてもいいや…。」このように軽く考えがちではないでしょうか?

ですが、そこで放置してしまったら大変危険です。

水虫にかかり、さらに入院してしまったという実例が多数あるのです。

皮がめくれてしまう症状の水虫になってしまった際に、その傷口から他の菌が入り込んでしまい、他の病気を併発してしまうケースもあるのです。

水虫だけではなく、そこから他の病気を併発しての入院――――、たかが水虫、されど水虫ですね。

どんな病気を併発しやすいの?

水虫のせいで痒くて痒くてたまらずに掻き毟ってしまった場合、そこから違う菌が入ってしまう可能性は高くなります。では、実際にはどんな症状になってしまうのでしょう?


掻き毟ってしまった患部は免疫力が下がり、そこへブドウ球菌などの化膿菌が侵入してきます。

《足の指が腫れる》《激痛が走る》といったことから、歩くだけでも痛くてしょうがないというリンパ管炎になる恐れがあります。

こうして入院を余儀なくされてしまうことがあるのです。

また、蜂窩織炎といって、この化膿菌のせいで足の指が壊死してしまうこともあります。

切断を余儀なくされてしまったり、生命の危機に関わることもあります。

指の壊死は糖尿病を患っている人に多く、より抵抗力がなくなっているために最悪の事態にまで陥ってしまうというのです。

糖尿病なのに水虫にかかったとあれば、早めの治療をすることが賢明です。

実際に起こった女性の話

女性

初期症状で水虫にかかったけれど市販薬で治そうとした女性がいました。恥ずかしさから皮膚科へ足を運べなかったようです。

市販薬を使うものの一向に症状は改善されませんでした。

のちに足がパンパンに腫れてしまい、結局皮膚科で診てもらうと、蜂窩織炎(ほうそうしきえん)と診断がくだされました。

切開をしなければならないといわれていましたが、幸いにも薬の投与だけで免れたのは、不幸中の幸いだったといいます。


女性であれば自分の身体に傷跡を残すなんて絶対したくないですよね。

水虫から切開に至るなんて、自分には起こらないことと侮らずに、水虫の症状に気づいたら、早期治療に励んでください。

スポンサーリンク