1. ホーム
  2. 水虫の知識
  3. ≫免疫反応から起きる水虫の症状

免疫反応から起きる水虫の症状

足

私たちの体は、異物が皮膚に触れると、それが肉体に有害なのか無害なのかを自然と識別していきます。そして有害なものだけを体から取り除こうとする習性があります。

これを、一般的に免疫反応といいます。

ここでは、水虫と免疫反応の関係性をご説明します。

スポンサーリンク

水虫と免疫反応

水虫の症状は、免疫反応からきています。

白癬菌は体にとって有害なカビですから、侵入されそうになると、皮膚はそれを取り除く働きを起こします。

そのため、白癬菌に侵されている足の裏や足の指の間には腫れやかゆみ、炎症、水ぶくれなどの症状が現れるのです。

免疫反応の症状がさらに進行すると、皮膚がボロボロになる可能性が高くなります。

触っただけでポロポロと皮膚がはがれてしまったり、ひび割れたところから血がにじんでしまったりすることもあります。

また、薄かった皮膚も厚みを帯びて、健康的な見た目の皮膚とは程遠い状態になってしまうでしょう。

角質層に侵入する白癬菌

このように、『人間の皮膚が体内に侵入しようとする有害な白癬菌を排除しようと働きかける』という免疫反応で、水虫の症状が体に現れます。

では、白癬菌がどのように角質層の中に侵入するのかご存じですか?

白癬菌の形状は独特で、角質層の表面に広くクサビ状になってとりついています。

角質層の奥深くに尖った部分を食い込ませておりますから、白癬菌が住んでいる角質層がそのまま肌から剥がれ落ちない限り、水虫は治りません。

管理人

その代わりに、角質層よりも内部の皮膚に白癬菌が侵入することはありません。

角質層の内部からは、新しい細胞がどんどんと生まれてきます。

そのような活発な細胞は多くの水を含んでいますし、リンパ液が白癬菌の侵入を許さないでしょう。

なので、白癬菌は私たちの体内には容易に侵入することはできません。

とはいっても、白癬菌がしぶとい、非常に厄介な菌であることに代わりはありません。

免疫反応=アレルギー反応

皮膚が免疫反応を見せるのは水虫だけではありません。

蚊やアブなどによる虫さされや日焼け、火傷などの外部刺激を受けても免疫反応は起こります。

これらの症状はアレルギー反応とも呼ばれるそうです。

環境

そんな厄介な白癬菌が皮膚に寄生した人間にとって、1番危険な状態が存在します。

それは『不潔な環境』。

肌を汚れた状態のまま放っておけば、白癬菌以外の雑菌が繁殖する可能性があります。

管理人

仮に水虫でなかったとしても、かゆみや炎症、嫌な匂いなどを引き起こす原因となるでしょう。

特に足の裏は汗腺が多いと言われていますので、非常に汗をかきやすく、春から夏などの湿度が高まる季節には同じように靴の中も蒸れてしまいます。

水虫が何故足にできやすいのかというと、このように高温多湿になりやすい環境からという点が大きく占めます。

水虫になっても「命にかかわる病気ではないから…」と放置したところ、足が化膿してしまって歩けなくなってしまい、入院を余儀なくされたというケースもあるようです。

水虫は免疫反応が見えたら即座に処置したいもの。早期治療・早期発見が必要ではないでしょうか?

スポンサーリンク