1. ホーム
  2. 水虫の知識
  3. ≫頭がハゲるかも!拡がる新型水虫

頭がハゲるかも!拡がる新型水虫

学生

2000年代になって日本で急速に拡大している新型水虫。

これは海外から持ち込まれた白癬菌が感染源となっています。その名も《トリコトフィン・トンズランス》

このコリコトフィン・トンズランスとはなにかを探っていきましょう。

スポンサーリンク

トリコトフィンは菌の分類名として、そしてトンズランスは、頭を丸く剃るキリスト教の修道士のように頭のてっぺんをハゲさせてしまう、という意味を持っています。

この水虫は、足の裏に発生するタイプとは違い、主に頭部や体部を好んで繁殖するタイプです。

このトンズランス水虫は、もともとキューバを代表とする中南米の水虫でしたが、キューバ革命によってたくさんの難民がアメリカへ流れ込んだ結果、世界的な流行が始まったといわれています。

格闘技

日本へ持ち込まれたのは2000年代。海外の選手たちとの交流試合で格闘技の選手たちの間で感染が始まりました。

今でも柔道やレスリングなどの選手間で広まっています。

この水虫菌は皮膚への侵入スピードが速く、わずかな傷からも皮膚内へ入り来むほど感染力が強いといいます。

試合で1度組み合っただけでうつったケースもあるようです。

このため、競技団体では大きな試合前には医師によるチェックを義務付ける団体も多く、この水虫が原因で出場停止となる選手も出てきています。

どんな症状なの?

頭部に感染した場合

大半はフケやかさぶたができる程度のものです。

ここで気づかず放置すると、患部が盛り上がって膿をもち、脱毛してしまいます。

ここでも放置すると、菌が毛穴の中へ隠れて症状が消えていきます。

体へ感染した場合

赤い発疹やかゆみがでます。

水虫になった場所が輪っか状につながって赤く盛り上がります。

ここでかぶれや虫刺されなどど勘違いしてステロイドの入った薬を塗ると、急激に発疹やかゆみが広がってしまいます。

つまり、ステロイドで症状が悪化したら水虫が疑われるので、この段階で病院へ行き、適切な処置を受ければ2か月ほどで治ります。

が、ここでも放置すると頭部感染と同じように、症状が消えていきます。

もちろん、これは治ったからではなく、菌が毛穴に隠れて繁殖を続けているだけです。

ここまでくると、自覚のない保菌者として、白癬菌をばらまくことになり大変危険です。

学生の必修科目が水虫感染の場所に…

「私は柔道やレスリングとは関係ないから大丈夫」そう思ってこのコラムを読んでいる人、いませんか?

柔道

2012年からは中学校の保健体育で武道が必修になったので、この水虫が家庭内へ持ち込まれる危険が高まっています。

症状のある生徒と直接組み合わなくても、菌は畳におちている髪の毛や皮膚片などからも感染します。

中学生本人・兄弟児・友達そして家族…。子供のいる家庭は、要注意といえるでしょう。

新型水虫のことを頭の片隅において置き、怪しいかも、と思ったらすぐに医療機関を受診することが大切です。

予防法は?

どんな水虫でも、予防法は清潔に保つことが1番です。

菌が体の中に入り込むまでには約1日かかるので、こまめに頭や体を洗うことが有効です。

特に格闘技を行った後は早めにシャワーなどで流しましょう。道着などもこまめに洗濯して乾かしてください。  

頭部への感染予防のため、家族間や友達間でのくしの共用はしない方がよいでしょう。

強い感染力とハゲるかもしれないという強烈な症状をもつ新型水虫ですが、身

  • 体をこまめに洗って清潔を保つ
  • 感染したかもと感じたらきちんと病院へいき治療する
この2つを守れば確実にブロックできます。

怖がり過ぎずに、正しい知識をもって新型水虫対策をしていきたいものですね。

スポンサーリンク