1. ホーム
  2. 水虫の知識
  3. ≫気づかず重症に…意外と知らない手の水虫

気づかず重症に…意外と知らない手の水虫

手水虫

高温多湿を好む水虫、足に発症するイメージが強いですが、実は体の至る部位にも現われる感染菌なのです。

その中でも、意外と知られていないのが《手水虫》

今回は、手水虫の特徴と対処法について学んでいきましょう。

スポンサーリンク

手水虫の特徴と原因

手水虫は、症状が手の湿疹と似ているため、確認自体を怠ってしまうケースがほとんどのようです。

手の湿疹と思い、当たり前に手荒れ対策用のクリームを塗ってしまうことで、重症化する恐れがあります。

ひどい時には手水虫が治療困難になる場合があります。

足に比べて手は外に露出しているので蒸れる心配がありません。そうしたことから、普通に生活していれば手水虫になることは非常に少ないといいます。

がしかし、ある1つの原因で手水虫になるのです。

その原因とは、足の水虫からの感染。たとえば…

  • 足の爪を切る場面
  • 風呂で足を洗う場面

このように、手が足に直接触れる場面での感染率が高くあります。

また、水虫患者が床マットや足吹きマットを利用する場面。マットに付着した水虫菌が繁殖して、そこに触れた手が感染するというケースもあります。

管理人

手水虫の特徴は、皮膚がカサカサした状態となり、かゆみや痛みは無いというもの。

手水虫は、手荒れの症状と非常に似ています。

このことから手水虫に感染に気づかない場合が多いのです。

手水虫の対処法とは

対処法は色々ありますが、水虫は間違った方法で治療すると再発する恐れがあるのが特徴です。

必ず医師に相談して塗り薬や飲み薬を処方してもらい、徹底的に治しましょう。

手水虫は、かゆみや痛みが伴わず、見た目には水荒れや主婦湿疹といったものと酷似していることから、単なる肌荒れとして自己判断しがちな皮膚疾患です。

市販のステロイド薬や手荒れ専用のクリームを塗ってしまうと、かえって皮膚の免疫力が衰えて、自然治癒力を抑制してしまい、悪化する恐れがあります。

悪化して治りにくくなると、水疱となる場合もあります。そこから別の菌が入り込むと、さらに重症化して膿となるケースがあるので、早期発見、適切な処置をしなくてはいけません。

素人判断で治療をするのではなく、まずは医師の診断の元、症状に合った治療薬を用いることが、完治への道筋です。

感染しないよう予防策を立てる

手水虫だけでなく、皮膚のあらゆる部分に感染する恐れがあるのが水虫菌。

手水虫は、自分もしくは家族や友人の誰かが水虫であると感染するリスクが高く、しかも、手水虫は他のいろいろな皮膚疾患と見分けが付きにくいため、判断に迷う難しい皮膚病です。

感染する前に予防することが、最も大切な心構えです。

マット

水虫患者が家族など身近に存在するなら、タオルや足吹きマットの共有はやめましょう。

自分が水虫患者の場合、自分の足を触らないようにすることが大切です。

もし触っても手水虫予防として、洗いと消毒は徹底してください。

手水虫になっているかどうかは、素人には判断できません。医師の指示に従い、適切な処方薬で根気強く治療を行うことが最も大切です。

スポンサーリンク