1. ホーム
  2. 水虫改善計画
  3. ≫水虫は初期段階で治療するべし

水虫は初期段階で治療するべし

水虫初期の足

かつてはおじさんの病気というイメージのあった水虫。

しかし今では、暖房の発達や女性の社会進出により患者の数も増え、今では子供からお年寄りまで、日本人の5人に1人は水虫患者といわれているほどです。

水虫にかかってしまったら、不快感、見た目の悪さ、人にうつしてしまうかもしれない恐怖などたくさんの問題に直面しますが、なかでもその完治しにくさに悩まされる患者も多いのではないでしょうか?

民間療法、どれがいいの?

水虫には、沢山の民間療法があります。

例えば、

  • 木酢液や竹酢液を塗る
  • アロエの汁を塗る
  • 食用酢で洗う
  • 海水浴へ行って熱い砂で足の裏を焼く

このように、例をあげればきりがないほどです。

しかし、これらの方法には医学的な根拠がありません

管理人

水虫でダメージを受けている皮膚には刺激の強いものばかりということから、人によっては効いた療法が、別の人にはかぶれの原因になるということも多々あります。

民間療法を渡り歩いて苦労するうちに、水虫がどんどん進行してしまうことだってあるのです。

初期治療が大事

水虫の初期段階は、かゆみを伴います。

これは、水虫の原因である白癬菌が皮膚のなかで増殖活動をはじめると、人間の皮膚のほうも対抗して菌を排除しようと働くから。

皮膚が剥ける症状は、新陳代謝を早めて白癬菌を皮膚から落そうとしている人間側の働きです。また、水ぶくれができるのも、白癬菌と戦った白血球が死に際に分泌する酵素なのです。

このように、皮膚が頑張って白癬菌と戦っているうちに適切な治療をしてあげると水虫は治ります。

初期段階とよばれ、かゆみなどの反応が強いのは2,3年の期間です。

この段階がさらにすすみ初期段階を超えると、皮膚は白癬菌と戦うのを止め、共存の道を歩みだします

かゆみや水ぶくれなどの症状を慢性化させないために、皮膚が白癬菌と戦うことをやめ、かゆみを伴わない水虫へと変化するのです。

管理人

その代表的なものが、かかとの皮膚がガサガサとひび割れ、粉をふいたようになる角質増殖型といわれる水虫です。

「水虫になったことがあるけど、なんとなく治ったかな?」

このような勘違いしている患者の大部分が、角質増殖型のの水虫に移行したものだと思われます。

単なるかかとのひび割れと区別がつきにくく、かゆみもないので水虫の自覚がない人もいます。

こうなると皮膚の中に白癬菌が根付いたことになり、菌の量も増え、他人にも移しやすくなります。

チャンスを逃さずに治療しよう

「水虫かな?」と思ったら、とりあえず皮膚科にいきましょう。

水虫に似た症状の皮膚病や、かぶれなどの場合もありますが、どんな状態でも適切に対処してもらえます。

水虫だった場合は、皮膚の中で増殖する白癬菌を完全に追い出すために時間を要します。

新陳代謝により、皮膚が白癬菌のいないものに根こそぎ生まれ変わるまで、半年から1年も待たなければならないのです。

症状が軽くなった、治った気がする、という理由で 自分で通院を中断しないことが重要です。

重症の水虫はさらに飲み薬の併用も必要となり、治療に時間も、お金もかかります。水虫はかゆみがあるうちに、病院へ行ってきちんと治しましょう。