1. ホーム
  2. 水虫予防
  3. ≫気をつければ水虫は防げます

気をつければ水虫は防げます

水虫予防

水虫ができてからでは薬を塗ったり、なかなか完治せずぶり返してしまったりなど大変です。

水虫が発症する前にできる予防を徹底していきましょう。

お風呂場で毎日念入りに洗おう

水虫は皮膚に少し付着したくらいでは発症せず、傷口から入り込んでしまうので、まずは毎日のお風呂でしっかり洗うことが大切です。

軽石やナイロン性のものでは皮膚を傷つけてしまうのであまり使用しないようにし、指と指の間を洗うのをうっかり忘れてしまわないようにしましょう。

湿気が菌を増殖させてしまうので、タオルでしっかり拭いて乾燥させてください。

温泉施設や夏場のプールなど素足で大勢が集まる場所に出かけた日は、より気をつけて洗うことが肝心です。

また、1日に何度も洗いすぎるのも角質がふやけてしまい白癬菌を増殖させてしまうので、気をつけましょう。

家族で水虫にかかっている人がいたら注意!

お風呂場で洗ってほっと一安心かと思いきや、思わぬところから感染することがあります。

家族に水虫患者がいる場合は、念入りにお風呂場で足を洗っても、もしかしたらバスマットに付着している白癬菌に感染してしまうかもしれません。

ですから、バスマットは頻繁に洗うようにしましょう。

さらに、共用で使用しているスリッパから感染してしまう場合もありますし、素足で床を歩いたりするようであればそこに落ちている皮膚からの感染もあり得ます。

管理人

バスマットと同様にこまめに洗ったり、床の拭き掃除をしましょう。

毎日同じ靴を履いていたら水虫の住処に・・・

毎日会社に履いていくパンプスがきつかったり、同じ靴ばかりを毎日履き続けていたりしないでしょうか?

女性は通勤などでヒールのあるパンプスを履くことが多いですよね。

するとどうしても爪先の部分に付加がかかって指の間の通気性を悪くしてしまいます。

1日ずっと履いた場合、湿気を多く含むことになり、菌が繁殖しやすい状態となります。

管理人

なるべく数足を履きまわしたり、ストッキングやパンプス用のソックスをこまめに変えたりして蒸れを防ぎましょう。

休日などでパンプスを履くことを必要以上に迫られない場合は、通気性の良い靴を履いたり、パンプスよりも足の指が広がりやすいスニーカーを履くのもおすすめです。

もし現時点でどの靴も窮屈に感じて蒸れる感覚がよくあるようであれば、新しく足に合うものを買いにいくのもいいかもしれません。

きちんとしたシューフィッターがいるところに行けばより安心ですね。

靴下

靴だけではなく、靴下も見直しましょう。

靴下はナイロン性のものを避けて吸水性のある木綿や麻素材を選ぶのが最適です。