1. ホーム
  2. 水虫予防
  3. ≫なかなか水虫地獄から抜けられない!負の習慣を直そう

なかなか水虫地獄から抜けられない!負の習慣を直そう

水虫の無い足美人

水虫は1度治っても繰り返すことが多い病気。しかし、完治後はぶり返さない人もいます。

それは普段の習慣に違いがあるためです。

負の習慣を見直して、水虫になりにくい体にしましょう!

なぜ何度も水虫はぶり返す?

なぜ水虫は治ったと思ったらぶり返してしまうのかご存じですか?

それは、患者自身が水虫についてよく理解せず、中途半端に治ってしまったのを完治だと思い治療をやめてしまうからです。

実際はまだ皮膚の中に菌がいるのに治療を中断して、白癬菌が繁殖しやすい生活習慣を続けてしまう。このようなことが水虫を繰り返し発症させる大きな要因となるのです。


  • 完治したと思って早々に見切りをつけない
  • 医師の許可を得るまでやめない
このような心掛けが大切です。

何度もぶり返す人は、病院で薬を処方されるだけではなく、生活習慣の改善まで指摘されるようになることもあるそうです。

ズボラは水虫の餌食になる?ダメ習慣を見直そう

日本人は1日に靴を7時間以上履いている人が7割もいるそうです。

こんなに長時間履き続けているにも関わらず、毎日同じ靴を履いていたりしませんか?

パンプス

女性はファッションのために数種類の靴を交互に履いたりするでしょう。

ですが仕事で履いているパンプスなどの場合は、毎日同じものを履く女性も多いといいます。もしそれが通気性の悪いタイプであれば要注意です。

毎日同じ靴を履いていたとしたら水虫にとってとても潜伏しやすい場所になってしまいます。

この他にもいくつかダメな習慣があります。

お風呂できちんと足の指の間や爪の部分など念入りに洗っていますか?もしササッと周りだけ洗うようであれば菌が付着したときには手遅れになります。

また、女性であれば冷え症だからと靴下を履いて寝ていたりしませんか?毎日取り換えるのであれば大丈夫ですが、取り換えずにお気に入りの靴下だけを履いていたら危険です。

水虫知らずの足美人の習慣

では、どんな生活習慣が水虫知らずの足美人になれるのでしょうか?

まずは、同じ靴を毎日履かないことです。

管理人

何足も揃えるのも金銭的にきつい場合があるでしょう。そういうときは洗える靴であればこまめに洗うこと。

そして中敷きなどを変えたり、靴専用のドライヤーを使用して蒸れを逃すことが肝心です。

次に、お風呂では、薬用の石鹸で足を指の間まで念入りに洗うことです。

管理人

傷をつけずに丁寧に洗って下さい。そして肝心なのが、お風呂上りにきちんと指の間まで乾燥させることです。

公共の施設で裸足になった場合、水虫にかかっている人がきていることもよくあります。

念入りに洗った後は、指の間をティッシュなどで拭いて水けをとったり、ドライヤーで乾かすのが良いでしょう。

そして寝るときにもし靴下を履くのであれば、指の間が蒸れないように5本指靴下を利用したりするのがおすすめです。