1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫水虫に靴下は良いこと?悪いこと?

水虫に靴下は良いこと?悪いこと?

靴下

家庭内で水虫持ちの方がいると、よく言われることとして「家の中では、靴下をはいて!」というものがあるようです。

果たして靴下をはけば、家族に水虫がうつらないようになるのでしょうか。?

靴下を履くことについて

靴下

水虫の原因である白癬菌は多湿な環境で増殖しやすいといわれています。

そこで心配なのは、

靴下を履くことによって白癬菌が好む多湿な環境が作られるのではないか?

ということです。

五本指ソックスは、多湿環境を作らないといわれています。ですが靴下を履くこと自体でムレが起こる場合には、履かないほうが水虫菌の増殖を防ぐともいえそうです。

靴下を履く、履かないでは専門家でも意見がわかれることがあります。

靴下を履けば水虫はうつらない?

では、靴下を履くことで得られる効果をまずは確認してみましょう。

水虫の繁殖を抑えるのも大切ですが、水虫の菌による体内への干渉をおさえることも同じように大切です。

水虫からの干渉を防ぐ

靴下を履くことは、菌をばらまかないという視点よりは、菌による干渉を防ぐ意味で履くことを勧められる場合があるようです。

特に足裏が乾燥でひび割れを起こしやすいような方は、ひび割れを起こした場所から水虫による干渉が大きくなります。

ですので、乾燥が進み、ひび割れや傷が増えるような方の場合には、たっぷり水虫薬を塗布した後に靴下を履くことを勧められるケースもあります。


ですが一方で、もともと足裏が湿りやすい場合には、靴下を履くことで水虫菌が増殖して、治癒に時間がかかることが考えられるようです。

そういった点から考えると、靴下を履くことは菌をばらまくという観点よりも、水虫による患部の悪化を防ぐという意味で重要です。

靴下を履くことで水虫菌がばらまかれやすいかどうかというと、それぞれの足裏事情によるものですね。

  • 菌保有者がばらまくことは多いが、感染される側の足裏に傷やヒビなどがあるかどうかでも変わる。
  • 菌保有者の足裏が多湿環境な場合には、ばらまく量が増えてしまうことがある。
  • 乾燥に弱い足裏ならば、素足で歩くことで菌による干渉が増えて、症状が長引く場合もある。

さまざまな要因からうつる条件は変わりますので、自身の足裏の特徴を考え、靴下を履くか履かないかを判断しましょう。

靴下を履いてないから、菌がうつるということは、一概にはいえません。

大切なのは、《薬をきちんと塗布しているかどうか?》《菌が増えやすい環境を作っているか?》どうかです。

管理人

もし足裏が湿りやすい体質であれば、「靴下をはいて!」といわれれば、きちんと説明して理解を得られましょう。

スリッパを履くことについて

皆で共有するスリッパを履かないで欲しいという言葉には、素直に従いましょう。

洗濯しやすい靴下とは違い、スリッパは毎日洗えるような物ではありません。

もしスリッパを使うなら、

  • 自分専用の物を使うこと
  • 使用した後は水拭きして乾燥させる

これらを心掛けることにより、スリッパを使って床への菌の付着を防ぐので効果的です。

毎日同じものを使っていながら水拭きせず放置しているような場合には、かえって症状が悪化してしまいます。

スリッパを管理できないのであれば、足裏の環境に応じて靴下を履く・履かないで対処したほうが賢明です。