1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫水虫は感染予防することでうつらない

水虫は感染予防することでうつらない

感染予防

水虫は、多くの人から嫌われている割には、とても弱い菌から成り立ちます。

いくら多湿環境を好むからといって、あっという間に増殖して感染してしまうような強い菌ではありません。

バスマット、バスタオル、床板

バスマットは毎日洗濯するか、取り替えるようにするだけで、感染はかなり防げます。

濡れたバスマットは水虫菌が好む多湿環境を作りやすいため、水虫菌の温床となりやすいからです。

さらに水虫菌は、垢と一緒にバスマットや浴室の床に落ちることによって、他の方に移りやすく、長生きしやすい状態になるといわれています。

管理人

「水虫がうつるかも…」と拒否反応を示す家族がいるなら、先に入ってもらうことも大事かもしれませんね。

もし後から入浴する場合は、床をシャワーで水洗いなどして白癬菌がついた垢を先に流してしまうことも感染させない対策につながります。

  • 毎日バスマットを換える
  • 洗濯してしっかり乾燥させる
  • 取り込む時に白癬菌を落とす

これらの工夫をすれば、感染の心配はそれほど必要ありません。

湯船では水虫感染する?

湯船の中で水虫が移るということは浴室の床やバスマットから感染することに比べれば危険性は低いのです。

ですが、水虫患者が入った後の湯船につかることが嫌だという家族も多いよう。そういった家族にの言葉には、素直に従うのがベターではありますが、甘んじて差別を受ける必要はありません。

入浴の順番について、家族内でもめるようであれば、バスマット、バスタオル、床板などを家族とわけて使用すれば感染は防げるということを全員で理解するとよいでしょう。

もし可能であれば、湯船の中に酢や木酢液、竹酢液、にんにくやお茶の葉など、水虫に効くとされているものを入れておくのも効果的です。

管理人

そのようなものを入れておくことで「水虫を治すために、こんなに頑張ってるんだぞ」というアピールができるかもしれません。

また「家族にうつさないようにしよう」という気づかいも感じられるはずです。

水虫患者と同じ風呂に入りたくない、特に残り湯を使いたくないという人も多いかもしれません。 ですが、きちんと対策をとることによって、さほど心配することもないのが水虫という病気。

「水虫がうつる」というのは目に見えないものだけに、不安や拒否反応がふくらみやすいので、目に見える予防や治療の努力を少し大げさにアピールするのも1つの方法です。