1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫しぶとい水虫、根気強く治療しよう

しぶとい水虫、根気強く治療しよう

白癬菌

万が一水虫に感染していたとしても早めに気づいていれば恐れることはありません。

水虫の初期段階なら水で洗い流すだけでも十分に治療できます。

スポンサーリンク

水虫薬を使う

水虫薬を使って治療するのは非常に効果的です。

市販薬も数多く販売されていますが、医者からの処方薬のほうが的確に効果が現れます。

水虫によるさまざまな症状には、それに見合った処方薬のほうが、完治できるしっかりとした道です。

薬を塗り続けた結果、症状が治まった―――。完治できたと思っても、油断していると再発することがあるので気をつけましょう。

入浴は最大の防御

水虫薬を使いながら治していく過程の中で、しっかりと体を洗うことはとても重要となります。

水虫が嫌うのは、清潔な環境。だからこそ、お風呂で体の汚れを落とし、綺麗な状態に変えることが1番なのです。

手・足をはじめとする体全体に付着した水虫菌を、しっかり洗い流すよう心掛けましょう。

皮膚に傷ができたら消毒

怪我をしない注意はもちろん必要ですが、もし切り傷・擦り傷などが出来てしまった場合、消毒薬や傷薬を使い細菌が侵入してこない処置をしましょう。

管理人

傷口は白癬菌が入りやすくなっている状態。ケアを面倒だからとそのままにしておくと、のちに水虫で泣くかもしれませんよ。

傷口から白癬菌が入り込む場面は、さまざまな場所で生まれます。

木材を加工した際に出る粉塵の中で、仕事をする大工職人。一日中履いているタビ・汚れやすい現場ではないでしょうか?

また銭湯やジム・プールなどでの清掃業務は、裸足で行うことも多々あるでしょう。

傷がある状態で感染しやすい仕事に就いている人は、より一層の注意が必要ですね。

仕事中はしっかりと患部を保護して、家路についたらシャワーを浴びるなどして清潔を保ちましょう。

水虫菌はしぶとい

水虫の原因となる白癬菌は、思っている以上に”しぶとさ”があります。

油断すれば感染します。
油断すれば悪化します。
油断すれば再発します。

症状に見合った薬でないと、治らないどころか悪化する恐れもあります。

ですが、根気強く治療すれば完治します。

水虫は寄生するしぶとさをもっていますが、それ以上に治すという根気強さがあれば、勝つことはできるのです。

スポンサーリンク