1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫人にいえないからこそ水虫の知識を持とう

人にいえないからこそ水虫の知識を持とう

水虫患者の女性

自身の身体の不調で不安を抱えていても、仲の良い友達や家族にも聞きにくいことってありませんか?

《皮がぽろぽろむける》《かゆい》《ジュクジュク》《角質のひび割れ》と、水虫はオープンに話すことのできない病気。

だからこそ周囲に知られる前に完治するため、少しでも水虫の知識を取り入れましょう。

スポンサーリンク

水虫はマイナスイメージが強い病気

「水虫を知られたくない、恥ずかしい…」と思ってしまう理由に、水虫=くさい・不衛生といったイメージがあるかと思います。

砂

不潔が原因といった思い込みにあるようです。

水虫=中年男性の病気という雰囲気も、周囲に相談しにくくしていることの一因でしょう。

水虫は感染力・生命力が強く、さらに潜伏期間も長い厄介な菌です。

したがって、取り立てて不潔にしているわけでもないのに関わらず、発症することがほとんどです。

中年男性の病気というイメージは根強くありますが、実は誰でもかかる可能性がある病。

特に、ファッションとしてのブーツの流行も手伝って、女性患者が増えているといいます。

管理人

ルーズソックスが流行ったときは、女子高生の間で水虫が急増しました。

水虫という病気は、そのイメージから誤解されている面も多々ありますので、基本的な知識を身につけましょう。

水虫の特徴とは?

水虫の症状

水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビが原因で起こる症状。皮膚、特に角質層という部分に感染して寄生します。

激しいかゆみが起こる》これは水虫患者の最大の敵ともいえる症状です。

そして症状が酷くなると、皮膚がただれてしまったり、水ぶくれ(水疱)ができてしまいます。

水虫が発症しやすい季節

水虫が増える季節といえば夏。

暑い夏を迎える頃になると、太陽の日差しと共にハツラツとしたCMが多いですが、中には部屋干し洗濯洗剤など、梅雨に関する内容のものも流れるでしょう。

梅雨時期は洗濯が乾きにくくなりますが、この”乾きにくさ”が水虫にとっては繁殖する絶好の場面です。

水虫はジメジメする多湿からどんどん出てくるものです。

水虫の発症する部位は全身にあり

ズバリ水虫は足にできるもの…というのは大間違い!

水虫が足、特に足の裏にしかできないと思っている人は危険です。

白癬菌は足だけに感染するのではありません。

体のどの部分にも感染する可能性は大いにあります。病名に水虫と付かなくても『水虫』感染した部位で、病名は変わってくるのです。

足をはじめとする、さまざまな部位にできた水虫を素人判断するのは危険です。まずは病院へ行くことをお奨めします。

いつからか存在した白癬菌

皮膚科へ行くと、患部の角質層を顕微鏡を使って検査するのが一般的です。

もしそこで白癬菌が見つかれば、水虫という診断名がつくでしょう。

最近では、より細かく白癬菌のタイプの特定するために、培養法という検査を用いる皮膚科も増えてきました。

これで、どのような治療が効果的なのかということが具体化されるので、薬もより的確になります。

白癬菌というのは人間に寄生するカビ。このカビがどれくらい昔から存在しているのかは分かっていません。

管理人

ただ西洋では120年ほど、国内でも100年前ほどに、はっきりと確認されたという記録があるようです。

一昔前、足がかゆくなり皮がむけるような病気は、すべて水虫という認識でした。

ですが現在では白癬菌がいるものだけを水虫と呼ばれています。

スポンサーリンク