1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫じゅくじゅく水虫とかさかさ水虫とぷつぷつ水虫

じゅくじゅく水虫とかさかさ水虫とぷつぷつ水虫

水虫の3人

水虫は誰もが掛かりたくない病気。そうならぬようなケアそして心構えは、日頃から持つことが大切ですね。

ですが、こんな症状は出ていませんか?ここで説明することは、水虫の代表的な症状です。

ジュクジュク水虫

痒くて足と足の間がジュクジュクしているという症状を訴える人は数多くいるのではないでしょうか?

水虫の女性

水虫は症状が消えても、翌年の同じ時期に同じように、痒くてジュクジュクしてくることがあります。

高温、多湿の季節に繁殖する水虫は、その痒い時期が通り過ぎると、足も治ったかのように感じるので注意が必要です。

カサカサ水虫

大繁殖はしませんが、カサカサ水虫も周囲に感染します。

カサカサ水虫

カサカサ水虫は角質増殖型水虫ともいわれ、この水虫持ちの足は、カサカサ乾燥している特徴があります。

かかとが堅くなっている、足が全体的に硬く見えると特徴もありますが、一見普通の足と同じ様にも見えます。

ぷつぷつ水虫

またかゆみを伴わない、かさかさ水虫と同様なものがぷつぷつ水虫。

水虫

小水疱型水虫ともいわれ、赤い水疱が特徴です。


一度感染してしまえば、足の中にはしつこい菌が残っている状態です。

しつこい菌―――、その名も白癬菌(はくせんきん)

カビの一種だという白癬菌は、皆さんも聞いたこともあるかもしれません。

白癬菌の隠れた足は立派な水虫です。

ただ、見た目が水虫の特徴が現れないので判りづらく、本人に自覚症状がないので忘れ去られてしまうのです。

痒い、皮がむける、ジュクジュクしてくるというはっきりとした症状の現れる時期以外も要注意なのです。