1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫水虫特効薬はノーベル賞もの

水虫特効薬はノーベル賞もの

水虫とパンプス

現時点では使用してすぐに水虫を消失させる薬品というのは開発されていません。

それは人間の細胞を残したまま水虫菌を殺すことが現代の科学力では難しいとされているからです。

市販されている薬品を長期間使用して完治させるしか治療法がないのであります。

水虫の特効薬が販売されたなら

現代では薬局などを訪れれば、さまざまな水虫を治すための市販薬が販売されています。

ところが市販薬では、一時的な発症を抑えることしかできません。

水虫をすぐに治せる特効薬というのは、医学が発達した現代でも未だに開発されていないのです。

管理人

水虫は発見されてまだ間もないため、まだまだ研究する余地がある病気だということがいえそうです。

現代人の嫌われ者である水虫は、昔からあまり好まれない病気として認知されていたようです。

もし近い将来に水虫の特効薬が販売されれば、多くの人々がその商品を求めて薬局などにやってくることでしょう。

それくらい現代人は水虫に悩まされているのです。

水虫特効薬の開発者はノーベル賞を受賞するかもしれませんね。

水虫は昔から、人間と不快な関係性を持って存在している病気。ノーベル賞を取るほどの特効薬が開発される日を祈るばかりです。

水虫はまだまだ発展途上

水虫は白癬菌によって起こる病気ですが、その正体を見破るまで、間違えた知識のもとで見られていたようです。

水虫の原因が医学的に判明する以前は、この病気は水中に潜んでいる虫によってできたものだと考えられていたのです。

これにより水虫という名称が生まれた訳であり、治療法なども確立されていませんでした。

管理人

水虫がカビの一種であるということが明らかになったのは、およそ百年前の話。

さらに治療薬などの開発時期となると、もう少し後のことになります。

水虫の存在自体は古くからあったものの、詳しいことが解明されたのはごく最近の話であるということが分かります。

さまざまな感染ルート

文明の利器により、私たち現代人は、あらゆるものに対して便利さを覚えました。

ですがその一方で、水虫に感染するさまざまな場面を作り上げてもいたのです。

ある中年男性は会社の旅行先でうつってしまったといいます。

旅行先の共用スリッパや入浴場など水虫の人がいたようで、そのまま水虫となってしまいました。

ブーツやパンプスなど、通気性の悪い靴を一日中履き通しの毎日で、足のかゆみを覚え水虫になった女性もいます。

このように、女性が水虫になったというケースは非常に多いといいます。

赤ちゃん

家の中で歩き始めた1歳頃からうつってしまった子供だっているのです。

《旅行先で》《レジャー施設で》《家族間で》《ファッションで》《仕事中で》

感染ルートはさまざまです。

いつどの場面で水虫になる可能性は、誰もが持っています。

大切なのは水虫を知ること。

水虫にかからぬような予防策、もし感染したら完治するための基本的な知識を持ちましょう。