1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫お父さんの嘆き~水虫による家庭内差別

お父さんの嘆き~水虫による家庭内差別

水虫の父

外で一生懸命働き、頑張る1人の男性。ですが、家に帰ると邪険に扱われる父親に早変わり。

水虫にかかってしまった父親がなかなか報われない瞬間が、家庭だからこそあるのですよね。

スポンサーリンク

父親に対する娘の嫌悪感

思春期の娘

「お父さんの靴下と、一緒に洗わないで!」

思春期の娘さんをお持ちのご家庭にいる水虫もちのお父さんは、このような言葉を一度や二度は投げつけられたことはあるのではないでしょうか。

親子

「家では靴下をはいて!」

こんな言葉も、水虫もちのお父さんにはよく投げかけられてしまうようです。

他にも、

  • 「お父さんの後は、お風呂にはいりたくない!」
  • 「お父さんのスリッパは使いたくない!」
  • 「下駄箱の同じ段に、お父さんの靴を置かないで!」

など、いろいろな家庭内差別が水虫では繰り広げられてしまうようです。

そんなお父さんを救うべく、このコラムでは水虫差別と戦う!知恵を一緒に考えていきたいと思います。

サラリーマン

家族のために夜遅くまで一生懸命働き疲れて帰ってくる日常。水虫治療に行く時間も用意できないという父親威厳を取り戻すためには、反論材料が必要です。

水虫治療も大切ですが、家族に差別されないことのほうが、毎日のモチベーション作りには欠かせませんよね。

ですので、水虫治療と併行して、正しい水虫についての知識も手に入れましょう。

靴下を一緒に洗うと、水虫はうつるのか!?

靴下を一緒に洗うと、水虫はうつる?ということを科学的観点で考えてみましょう。

水虫の原因であるのが白癬菌ですが、これはイメージよりもグッと感染力が弱いといえる菌なのです。

管理人

例えば、長く足裏に白癬菌が付着していても、多湿環境が整わないと繁殖できません。


では、靴下を他の衣類と洗うと、白癬菌が付着し多湿環境によって繁殖してしまうのでしょうか?


白癬菌の大好物は皮膚のケラチンというタンパク質です。

毛髪や爪、皮膚の上皮細胞にケラチンは多く含まれています。

このケラチンはウール素材の衣服にも多く含まれているようです。ウールが動物の毛髪で作られているからです。

ただしウール素材のものは、洗濯機で洗ってしまうと縮みやすいことでよく知られています。

仮にウール製品が紛れ込んでいたとしても、洗濯によって白癬菌は水に流されやすく、すぐに乾燥すれば多くの白癬菌ははがれやすくなります。

ですが、白癬菌がついている衣服と一緒に洗濯機で洗うことは、単純に洗濯による衣服の痛みを考えただけでも望ましいことではありません。

どちらにしても「洗濯ものを一緒にしないで!」と家族に指摘を受けた場合は、やはり別に分けたほうが良いのかもしれませんね。

洗濯

白癬菌の繁殖を抑制するため、洗濯後はすぐに乾かすことが重要です。

衣服が乾いたらはたくようにして、白癬菌をはがすようにすることがポイントです。

「洗濯で水虫がうつる!」と言われないよう、選択後は速やかに干す心掛けが必要です。

スポンサーリンク