1. ホーム
  2. 水虫の悩みコラム
  3. ≫水虫対策は老若男女問わず必要

水虫対策は老若男女問わず必要

中年男性

水虫は、中年の男性にだけ掛かってしまう病気だというイメージを持っていませんか?

それは大きな間違いです。足のトラブル水虫は、老若男女・大人子供問わず掛かってしまう恐ろしい病気です。

誰にでも襲い掛かる白癬菌

水虫は白癬菌(はくせんきん)に感染して掛かってしまうものだということ、そして誰でも水虫になってしまう可能性があるということを知っているでしょうか?

「水虫=おじさん」では、決してありません。

管理人

一般的に水虫は足にできると知られていますが、白癬菌は体中さまざまな場所へ感染しそれぞれの場所で症状を起こします。

子どもでも白癬菌の感染がありえるのです。

白癬菌の予防や対処法

白癬菌はとても怖いものですが、きちんとした予防や対処法で水虫を予防することができます。

また、万が一感染してしまっても、最小限でとどめることも可能ですから、どのような対策をとれば良いのかを、知っておかなくてはいけません。

白癬菌はカビの一種ですが、このカビは高温多湿が大好きです。

足と足をくっ付けるから水虫に感染するというのではありません。例えば自宅であれば…

  • 風呂場の足ふきマット
  • 台所のキッチンマット
  • スリッパ
  • カーペットや畳

このような家の至る場所で繁殖してしまうといいます。

家の中だけではありません。

  • スポーツジム・プール・温泉などの不特定多数の人が利用するような場所
  • 病院のスリッパ
  • 素足で利用するような場合

これらの場所でも、白癬菌があれば感染する可能性が高まってきます。

いえ、ほぼ100%の確率で感染すると考えていた方がいいかもしれません

でも、怖がってばかりではなく、その予防策をきちんとすればいいのです。

白癬菌感染は防ぐことが可能

白癬菌は、たとえば人の皮膚であれば万が一白癬菌が付着した可能性がある場合、その日のうちに奇麗に洗ってきちんと乾かすことで感染を防ぐことができるのです。

要するに、外出してきたら足を洗いしっかり乾かすということを行っていれば問題ないということです。

面倒くさがらずに家に帰ってきたら足の指1本1本、指の間も奇麗に洗ってしっかり乾かすということをすればいいだけです。

もしも水虫になってしまったら

もしも水虫になってしまったら、家族に水虫の人がいる場合にも、家族間での協力は必要です。

同じマットやタオルを使わないなどすることになりますし、もちろん適切な治療も大切です。

自己防衛できる水虫。

足を清潔にしていればいいんですから、誰にでも簡単にできますよね。